本文へジャンプします

株式会社ファイテック投げる消火、簡単鎮火の新しい消火剤

株式会社ファイテック

  • English
  • Japanese

リハビリ事業部法人のお客様へ 買い物カゴの中を見る(個人のお客様用)|お問い合わせ

火災が発生した際の避難方法

火災が発生した際は、慌てることなく最適な行動を取ることが大切です。万が一、家庭や身近な場所で火災が起きた場合は落ち着いて行動するように心掛けましょう。こちらでは、火災が発生したときの避難方法についてご紹介致します。

まわりの人に早く知らせる

まわりの人に早く知らせる

火災発見時は、規模に関わらずまずはまわりの人に早く知らせることが大切です。

小さな火災でも一人ですぐに消火しようとはせず、近隣住人へ避難や助けを呼びかけるとともに119番通報を行いましょう。大声で火災を知らせることが難しい場合には、やかんを叩くなど大きな音を出して異変に気付いてもらうようにします。

初期消火の場合は早い消火を

初期消火など比較的規模が小さい火災の場合は、まわりの人に火災を知らせた後すぐに消火を行います。このとき、他の人に119番通報をしてもらい、当事者は消火活動を行うことが望ましいです。

初期消火は、出火から3分以内が消化できる限度とされています。消火剤や水などを使って消火を行いますが、火が天井に燃え移ったり範囲が大きくなったりした場合は無理をせずに急いでその場から避難しましょう。

煙は危険!姿勢は低くして避難しよう

煙は危険!姿勢は低くして避難しよう

避難する際は火災によって発生した煙を吸わないように、できるだけ姿勢を低くしながら避難することが大切です。煙や熱い空気は上に上がる性質があるので、下の方には比較的酸素が残っている可能性があります。

火災時に発生する煙には一酸化炭素や塩素ガスなどの有毒ガスが含まれているので、吸い込むと死に至るほど大変危険です。煙は火災の初期段階から大量に発生するため、多く吸い込まないように注意しましょう。

住宅の2階やビルなどの高い場所にいるとき

住宅の下の階で火災が発生してしまい1階を通って逃げることが難しい場合は、慌てずに雨どいをつたって下に降りたり、シーツやカーテンを繋いでロープをつくり、外から下の階に逃げるようにしましょう。また、ビルなどでどうしても下の階に降りられない状況となった際は、屋上の風上側で救助を待つようにしましょう。

子供と話し合いをしておこう

子供と火災が発生した時の災害時の避難方法を話し合うことはあまりないでしょう。しかし、災害への備えがない時ほど予期せぬ住宅火災は起きるものです。もし今、話し合うことが必要だと思ったなら、すぐに子供と話し合いましょう。幼児でも逃げ方だけは教えておく必要があります。火遊びは絶対にしない、火を見たら逃げる、など火災時、災害時の避難方法は簡単なことで良いです。今も火災によって、避難方法を教えられていない子供たちの命が奪われています。

予想していない大震災は今、この瞬間にも起きる可能性があります。避難用の非常用持ち出し袋(非常用袋)の準備はしていますか?大地震が起きてから準備することはできません。東日本大震災や熊本震災、阪神淡路大震災も予期せぬ状況で発生しています。この機会に、防災用非常用持ち出し袋や消火用具、避難用具を備えておきましょう。子供でも使える簡単な投げる消火器は、避難路を確保して、子供が自分で命を守れます。天ぷら油用消火剤は、火災が起きていなくても避難する時に箱のまま鍋にそっと入れておけば家が燃えることはありません。誰でも簡単に使えて、さっと投げ消す消火器を備えておくことは、あとで家族を失って悲しまないために必要なことです。

ファイテックの通販サイトでは、誰でも簡単に使えてさっと投げ消す消火器を販売しています。備えあれば憂いなしです。子供の命を守るためにぜひ備えておいてください。

ファイテックでは家庭での火災に備えられる天ぷら油用消火剤を取り扱っております。箱のままさっと投げるだけで簡単に消火が行えるので、誰でも簡単・安全にご利用いただけます。業務用フライヤー油の火災にも適応するスプレー型の消火剤、フラインクジェットもおすすめです。

このページのトップへ