本文へジャンプします

株式会社ファイテック投げる消火、簡単鎮火の新しい消火剤

株式会社ファイテック

  • English
  • Japanese

リハビリ事業部法人のお客様へ 買い物カゴの中を見る(個人のお客様用)|お問い合わせ

火災の消火方法について

突然火災が発生した場合でも、最適な消火活動を行うことで被害を最小限に抑えることができます。消火方法にはいつくか種類があるので、万が一の際に役立てられるようぜひご参考ください。

除去消火

除去消火

可燃物を除去することで消火を行うのが除去消火です。可燃物とは、火に燃えやすいものや燃えているものを指します。

可燃物となるものは日常生活で多く利用されており、ガス、ガソリン、灯油などが挙げられます。例えば、ガス漏れが原因となって火災が発生した場合には、ガスの元栓を閉めることで可燃物であるガスを除去し、消火を行います。これが除去消火です。

窒息消火

窒息消火は燃焼に必要とされる酸素を断つ方法です。火災を引き起こしている燃焼物を不燃焼である泡や二酸化炭素のガス、粉末消火剤などで覆い、酸素供給源を断ちます。酸素は主に空気中から供給されることが多いため、空気を遮断させることにより消火することができるのです。

冷却消火

冷却消火は、可燃物をじゅうぶん冷却することで発火点を下げて消火する方法です。物質が燃焼する際は、酸素だけでなく熱も関係しています。

例えば、火災が起きた際は可燃物に大量の水をかけますが、水をかけることによって熱を下げることが目的です。ファイテックの大規模火災用消火剤は、冷却消火でもなかなか消火できない大規模な火災が発生した際にも対応しております。

抑制消火

抑制消火は、簡単に言うと燃焼の継続を断つ方法です。燃焼の連鎖反応につながる原子や原子団を不活性な物質に変えることにより、燃焼を抑制していきます。

燃焼の抑制作用を持つ物質には、ハロゲン化物があります。ハロゲン化物は抑制作用とともに窒息効果による消火も目指せるため、消火剤の成分として多く利用されています。

ファイテックでは、安全に利用できるとともに環境にもやさしい消火剤を販売しております。家庭用として備えておきたい天ぷら油用消火剤や業務用フライヤー油が原因の火災時にも適応可能なFRYING JET(フライングジェット)を通販にて取り扱っております。多くの命を守ることを追求することで、誰もが安全で簡単に利用できる消火剤を実現致しました。万が一の備えとしてぜひおすすめします。

このページのトップへ