本文へジャンプします

株式会社ファイテック投げる消火、簡単鎮火の新しい消火剤

株式会社ファイテック

  • English
  • Japanese

リハビリ事業部法人のお客様へ 買い物カゴの中を見る(個人のお客様用)|お問い合わせ

企業の火災発生時に対する備え

火災は自然災害と異なりある程度の予防が可能です。もしもの火災に備えておくことは、企業経営の安定化につながると言えます。企業が火災発生時に備えて対策しておくべきことには、どのようなものがあるのでしょうか。

周辺地域への二次災害を防ぐ設計や対策

周辺地域への二次災害を防ぐ設計や対策

ビルなどまわりよりも大きな建物で火災が発生すると、建物のガラスや看板の落下などにより周辺地域や建物に被害を及ぼすことが考えられます。

これを二次災害と呼び、火災が発生した現場のみが被害を受けるのではなく、関係のない周辺にまで影響が及び被害がどんどん大きくなってしまうのです。こうした二次災害を防いで最小限の被害にとどめるため、オフィスビルなどの大きな建物は火災が発生した場合に備えて、周辺地域や建物が二次被害に巻き込まれないために必要な設計や対策が行われています。

例えば、飛散しにくいガラスを利用することや看板の落下防止などです。また、企業によって取り扱う薬液が災害に影響を及ぼさないよう漏洩防止策が行われています。

誰でも簡単に取り扱える消火剤の導入

建物内にいるお客様や従業員を守るためには、火災による被害を最小限に抑えることが大切です。

ファイテックでは、誰でも簡単にさっと使える消火剤を販売しているのでぜひ企業の備えとしてお役立てください。さっと投げるだけで消火ができるコンパクトな消火剤なら、女性の方や消火器を使ったことがない方でも安全かつ簡単に消火を行えます。火をさっと消すことができれば、被害はもちろん周囲の不安も最小限に抑えることが可能です。

火災による損失を補うための保険

火災による損失を補うための保険

火災が起きてしまうと、人的被害だけではなく建物や設備、資産となる製品への損害など様々な影響を及ぼすことから、企業は大きな損失を被ってしまうことが考えられます。

そのため、火災の影響による損害をある程度補償できるように火災などに対応する損害保険に加入している企業も少なくありません。火災によってしばらく経営活動が行えない状況になっても、一定の補償が受け取れることにより経営の回復を目指しやすくなります。

ファイテックでは、さっと投げ消すことが可能な消火剤を販売しております。食品添加物レベルの安全基準をクリアしておりますので、健康はもちろん環境にも安心してご利用いただけます。部屋も汚れることなく利用した消火剤は十分に冷やした後、可燃ゴミとして簡単に処分することが可能です。「さっと投げる」「さっと消す」が特徴の消火剤をぜひご活用ください。

このページのトップへ