本文へジャンプします

株式会社ファイテック投げる消火、簡単鎮火の新しい消火剤

株式会社ファイテック

  • English
  • Japanese

リハビリ事業部法人のお客様へ 買い物カゴの中を見る(個人のお客様用)|お問い合わせ

日常に潜む火災のリスク

日常の中には様々なところに火災のリスクが潜んでいます。火災が発生したとき早急に対処するためにも、消火剤などを常備することは大切です。それとともに、日常に潜む火災のリスクを事前に認識しておくと火災を未然に防ぐことにもつながります。

発火の元!天ぷら油の危険性

発火の元!天ぷら油の危険性

日常に潜む火災原因で多いのが天ぷら油による火災です。天ぷら油の温度が約360℃~380℃になると、火種がなくても自然発火して燃焼を始めてしまいます。

例えば、家庭で使用する油量の場合、家庭用ガスコンロで加熱すると約5分で揚げ物に適した温度に達し、そのまま放置すると約10分で白煙があがり始め、20~30分程経つと発火するリスクが高まります。天ぷら油による火災原因のほとんどが、火を止めずにその場から離れてしまうことです。

突然の来客・電話などでその場を離れたことによって油への意識が緩み、火災につながってしまうケースが多い傾向にあります。天ぷら油が原因の火災は器具の故障や欠陥と比較しても、人為的ミスによるものが非常に多いです。天ぷら油の火災を防ぐためにも、揚げ物をしている時にその場を離れる場合は必ず火を止めることを意識しましょう。

トラッキング現象

トラッキング現象

コンセントと電源プラグの隙間にホコリが溜まって、そのホコリに湿気が加わることによってプラグの刃の間で火花放電が発生します。火花放電が続くことによってプラグ間に電気が流れて発熱してしまい、発火を引き起こしてしまうのです。この現象をトラッキング現象と言います。

トラッキング現象で恐ろしいのが、家電自体の電源をオフにしていても起きてしまうことです。そのため、電源プラグを外しても問題ない家電製品は、できるだけ電源プラグを外しておきましょう。こうした心がけが火災を未然に防ぐことにつながります。

主に気をつける部分は、テレビやパソコン類などの電源プラグの挿しっぱなし・家具の裏側などにあるコンセント・洗面所や脱衣所などの湿気が多い場所にあるコンセントが挙げられます。

毎日を安全に過ごすためにも、家庭に潜む火災のリスクを知って火災を未然に防ぐ対策を行いましょう。また、もしもの時に備えて消火剤などを自宅内の火災が発生しそうな部分に設置しておくこともおすすめです。

通販で効果的な消火剤をお探しなら、ぜひファイテックをご利用ください。ファイテックでは、投てき用消火用具・油用消火剤・大容量消火剤などをご用意しております。簡単には消火できない天ぷら油火災に対して、素早く消火することを目指した消火剤を開発しました。ファイテックが開発した製品は、箱から取り出すこともなくそのまま投入して消火を行います。家庭用のものから業務用のものまで幅広い消火剤がありますので、個人様・法人様ともにお役立てください。

このページのトップへ